動画の拡張子の違い!

​記事の目次

動画ファイルの拡張子について

 

動画ファイルの拡張子にはどんな種類があってどう違うのか、動画ファイルの拡張子はどうやって決まればいいか悩んだことはありませんか?

 

「拡張子について詳しく聞きたい!」そんなあなたにぴったりな記事になってます!

 

まず動画制作を行う際には、複数ある動画ファイルの拡張子の中から、用途や目的に合わせて最適なものを選ぶ必要があります。

 

ではその説明をしていきましょう!

ノートパソコンに向かう男性

動画の拡張子とは

 

まず動画ファイルの拡張子ってなんだと思いますか?

 

拡張子とは「.doc」 「.exl」 「.jpg」などのファイル名の末尾に付けられている文字列のことで、この文字列はファイルの形式を表しています。拡張子の末尾を見ればファイルの種類がわかるようになっているのが特徴です。

 

また動画ファイルのパターンにも拡張子にはいくつか種類があり、拡張子によってファイル形式の特徴や使用できるソフトが変わってきます。

ノートパソコンのキーボード

拡張子それぞれの特徴

 

動画ファイルで最も多く使用されているのが「.mp4」です。主にYoutubeなどの動画配信サービスに使用されている拡張子になります。高画質の拡張子として主流となっていて、最新の機器があればほとんど対応しているので利便性に優れている。

 

 

動画の拡張子に迷ったらとりあえず「.mp4」にしておけば安心。

 

 

その他にも、「.avi」 「.mov」 「.wmv」などあり、「.avi」はWindous標準の動画ファイル形式。

 

「.mov」はAppleが開発した動画ファイル形式の拡張子で、主にMacBookで動画編集を行う場合の形式。

動画編集ソフトQuiktime標準の動画形式なので、MacOSで作業を行う場合はMOVファイルが最適。

ただし、Windows端末と相性が最悪なので、Windows端末で見れないというトラブルに繋がることもあるので注意。

「.wmv」はマイクロソフトがウィンドウズメディアフォーマットの中核をなすものとして開発したビデオコーディック。

Windows端末で作業する際はWMVが最適。

の他様々な機器で特徴の違いがあり、使い方や保存方法が異なってきます。

ビジネスミーティング

目的に合わせた拡張子の決め方

 

上記で説明している通り、拡張子の数が多すぎてどれがどれだか迷いますよね。

そんな時に使えるお役立ち情報をお話しします。

まず普及率や利便性で決まる場合は「.mp4」で問題ない。

どんな環境でも動画を再生することができるほど高スペックで、社会のほとんどが「.mp4」ではないでしょうか。

動画編集を行うのであれば、Windowsは「.avi」、Macは「.mov」がおすすめで、それぞれ綺麗な画質を保ったまま動画編集が行えます。

自分のサイトで動画を配信したいという方は、「.wmv」 「.mp4」の使用をお勧めします。

配信するには圧縮率が高くないとデータ通信の時間がかかってしまうため、なるべく圧縮率の高い拡張子を選ぶことを心がけてください。

Youtubeで動画投稿したい方はそれぞれの推奨するファイル形式の拡張子であればどの拡張子を選んでも構いません。一般的なのは「.mp4」だと思います。

ビジネスミーティング

拡張子で上手く保存されないそこのあなた

 

「mp4で保存したいのに保存されない…」

こんなことで頭を抱える方は少なくありません。保存されない原因、対処法をお教えます。

 

大きな原因としては、根本的な操作ミスをしている可能性が大

簡単な動画編集ソフトでありがちな、「プロジェクトで保存」を押してしまうとmp4ではなく、別の拡張子で保存されてしまうためmp4では保存されません。

 

そんなときの対処法は「ムービーの保存」を選択してみてください。ムービーの保存を選択するとどんなファイル形式で保存するのか選べるので、そこでmp4を選択して保存してみてください。

 

また、上記の流れを行ったのにも関わらず保存がされない。

そんな時に考えられる原因は2つ。PCのスペックの問題、あるいはファイル名に記号が入っている。

 

高画質の動画を出力するのにCPUの負担が大きくなります。その負担が大きいことが原因でうまく保存されないことがあります。

そんな時は出力するソフト以外を落とすか、動画そのものの解像度を下げるのが最適です。

 

ファイル名に記号が入っている場合は記号を取り除きましょう。

「円記号、/、¥」が使用不可の対象になっていて、これらの記号が入っている場合は保存できません。ファイル名に入ってる場合は取り除きましょう

 

拡張子の設定ミスがあった時の対処法

 

間違えて保存する拡張子を間違えてしまった…

そんな時に役立つのが「名前を付けて保存」を選択し、保存形式を上書きする方法です。

 

例えばWav.で保存してしまったファイルをmp3に変更したい時に、この方法を試すとmp3に変換することができます。

 

 

動画ファイルの拡張子を変更する方法とは

 

動画ファイルの拡張子を変えたい時は、フリーの動画変換ソフトを使用して拡張子の変更が簡単に行えます。

 

私がおすすめする変換ソフトは、『Aiseesoftフリー動画変換』

MP4、AVI、MOVなど300種類以上の動画フォーマットへ一括変換可能な無料動画変換ソフトで、変換に適した拡張子がいまいちわからない人でも安心して使用できるソフトです。

 

ビジネスミーティング

最後に

いかがだったでしょうか。記事を読む前と読んだ後でイメージはだいぶ掴めたのではないかと思います。

 

拡張子は数が多く迷いがちですが保存する際にミスをしても修正が可能です。

 

何より考えなければいけばいのが、自分の使用しているPCと他人が使用しているPCには違いがあることです。

 

自分のPCでは正常に開くことができていても、拡張子のちょっとの違いで他人のPCでは読み込まれなくなってしまいます。

 

動画だったら「.mp4」、画像だったら「.jpeg」と双方が使用可能な拡張子を指定して保存することを視野に入れ作業することをお勧めします。