PREMIREPROと

他の動画編集ソフトの違い

​記事の目次

Premiere Proとは

 

 

Premiere Proとはプロに認められている動画編集ソフト

 

短い動画から長編動画の制作まで幅広く対応した高機能なスペックを持っており、初心者には少し扱いが難しいソフトです。

 

Premiere Proはadobe社という会社が提供しており、adobe社製の他のソフトPhotoshopやIllustratorなどと連携させる事でクオリティが上がるのがひとつの特徴です。

Premiere Proの料金

 

Premiere Proは月々料金が発生します

プロが認めてる編集ソフトだから高そうだと思われがちですが、実は学生でも手軽に利用できる金額が設定されてます。

 

月々数千円払ってPremiere Proを使用するのか、基本無料の編集ソフトを使用するかは人にもよりますが、限りなく動画の本質を出すには圧倒的にPremiere Proが最適と言えます。

Premiere Proと無料動画編集ソフトiMovieの違い

 

 

Premiere Proと同じ動画編集を行うことができるiMovie、この2つのソフトの違いをお話ししましょう。

iMovieは初心者向けに作られており、Premiere Proと比較すると圧倒的にiMovieの方が簡単で扱いやすい。

しかも無料で使用可能なので、毎月使用料金を支払わなくて済みます。

 

「だったらiMovieの方がいいじゃん」と思う方もいらしゃいますが、いくつか大きな欠点があります。

 

・完成度

初心者向けでかつ簡単な仕様ですが、その代わりに完成度がPremiere Proと比較するとガクッと落ちます。

iMovieはテロップを入れられる範囲がテンプレート化されており、イメージ通りのテロップが入れられることが不可能。

なので、一定のテロップが続いたり、一定の動作しかしないため見ている人に「飽き」を与えてしまう。こんなの動画としては最悪です。

ですがPremiere Proはテロップを好きなように、イメージ通りに配置ができるため、動画その物に「飽き」が生まれることは絶対にありません。

 

・保存形式

2つ目は保存形式

iMovieで動画を作成し保存を行おうとすると、mp4などのシンプルな書き出し方法になってしまいます。これめちゃくちゃ使い勝手悪いです。

例えばYoutubeに載せたいのに画角が合わない。SNSで発信したいのに、大きく表示されて動画の内容が入ってきづらいなどの問題点が発生します。

ですがPremiere Proではこの悩みはありません。

作成した動画を書き出す際に、何で使うのかで指定が可能。

Youtubeで使うなら、専用の書き出し方法を選択するだけ、

SNSなどで発信するときは、SNS専用の書き出し方法を使用。

こういったように用途別で書き出し方法が選択できるので、色々な場面で不自由しない。

 

・シーケンス

シーケンスとは文字を入れたり画像を入れたりすることで表示されるまとめられた板のようなもの。

iMovieだとシーケンスは1つしか存在しておらず、複数の動画やBGMを入れたいとなると相当な手間がかかってくる。

逆にPremiere Proは複数のシーケンスを持っており、増やせば増やすほど内容が分厚くなり様々な情報を入れることができます。

内容が分厚くなるということは動画に対して「飽き」を感じさせることがないため、よりクオリティの高い動画が制作できます。

Premiere Proと有料動画編集ソフトの違い

 

有料の動画編集ソフトとPremiere Proの違いは大きく分けると2つ。

1つ目が値段。

一般的な有料の動画編集ソフトを使用すると、毎月6000円〜10000円以上の金額を払うことになります。高いですよね…

それに比べてPremiere Proは毎月約3000円程度で使用できるので、学生や社会人の方にも手軽に利用できます。

 

 

2つ目が全体的な操作感

私が調べた限り、有料動画編集ソフトはどれも複雑で分かりにくくなってます。

 

フレームサイズの変更はPremiere Proと同様、簡単にできるみたいですが、音声やBGMを入れるとなると、細かいカット作業が他の有料ソフトだとできないことが多々あるそうです。

 

 

動画編集においてカット作業は必須になってくるので、これがないと正直致命的なソフトと言っても過言ではありません。

 

Premiere Proも有料ソフトですが、有料ソフトの中で一番初心者にも触りやすいソフトだと思います。もちろん私も最初は何もわからない状態でPremiere Proを触っていましたが、約1週間ほどである程度まで作業ができるようになりました。

 

まとめると、他の動画編集ソフトは料金が高いため手が出しにくく、しかも構成が複雑なため初心者の方にあまり優しくないです。

 

それに比べるとPremiere Proは低価格、しかも複雑な構成ではなく初心者にも分かりやすくなっているので、有料ソフトを使用するならPremiere Pro一択です。

Premiere Proって無料ソフトと比べると難しいのか

 

 

Premiere Proは無料ソフトを触っていたからといって、すぐに出来る様になるわけではありません。新規プロジェクトの立ち上げ方や、動画に使用する素材のファイルの分け方。

シーケンスへの配置の仕方や保存の仕方が無料ソフトとはまるで違います。

 

無料ソフトである程度知識があろうが動画編集の素人だろうが、Premiere Proを触るときは皆同じです。

ただ何ヶ月も触らないと覚えられないのかと言うとそうではありません。

 

人それぞれの能力によりますが、数ヶ月で大体基礎をマスターする人もいれば、数日でマスターする人もいるので何ヶ月も触らずにマスターする事も不可能ではないです。

 

また、他社の編集ソフトと比べるとエフェクトの量が尋常じゃなく多いためどれがどれだか最初は全くわかりません。

そう言うときはとにかく全部試してみる。全部試した上で「これ!」と言うのを選択して使用することがマスターへの近道になると思います。

最後に

Premiere Proと他社の動画編集ソフトの違いは分かりましたでしょうか。

まとめると、Premiere Proは慣れるまで時間がかかるが、一度慣れてしまえば他社の編集ソフトよりも使い勝手が良く、様々なコンテンツに対しても有能だと言うことです。

 
 
 
 
 

​ANNWN

TEL:080-8746-8736
​Mail:annwn.toba@gmail.com

東京都杉並区方南町1-48-18