声優とナレーターの違い

声優とは

声優とはアニメの登場人物に声をあてている人というのが世間一般的な認識ではないでしょうか。

実は声優にも様々な特徴を持った人がいて、例えば演技をするのが好きな人だったり、得意分野があります。

そこで私は声優に限って共通している部分を見つけました。

演技です。アニメのキャラクターを演じている。海外映画の吹き替えを演じている。これを踏まえて

声優の仕事は「演じる」ということだと考えました。

ですが一部ではナレーションをしている方も多くいます。

ラジオホスト

ナレーターとは

ナレータとはなんだろう。そう、ナレーターとは文字通り「ナレーションをする人」です

ナレーターは言葉を声にして伝える表現をしていることから、「話芸」というカテゴリに属しており、テレビが一般的に普及した後に、爆速的に需要が増えたと言われています。

ナレーターの主な仕事は、企業プロモーションやラジオ番組。CM

など皆さんが無意識に耳にしているものが大半です。

そしてナレーターに求められるのは、正確な日本語の発音や適切に感情を込められる豊かな表現力。

 

 

どれもレベルが高いものばかりですが、実際のナレーターはこれらを持って活動しています。

テレビ画面

ナレーターと声優の違いとは

早速本記事の本題に入ります。

ナレーターと声優の違いは極端に言うと専門性です。

 

声優はアニメだったり、外国映画の吹き替えなど演技をする仕事の他に、ナレーションのお仕事も実施します。

え、声優もナレーションしたら違いが無いんじゃないか?

そう思われがちですが、上で説明した通り専門性の違いがあります。

 

ナレーターはナレーションのお仕事に特化した職種といえば分かりやすいのではないでしょうか。

元を辿ると俳優から声優という職種が派生し、そこからナレーターという色が派生しているわけです。

仕事の休憩

仕事を依頼する際の選び方

最近音声を使ったコンテンツが増えています。そこで声優とナレーターに仕事を依頼するときのポイントを教えます。

躍動感のあるような内容の仕事を依頼するときは、声優を選択するといいです。例えばYoutubeの広告でうんざりする程出てくるマンガ動画。

 

マンガ動画ではキャラクターが確立化されているのでそれにあった声優を選びます。逆にナレーターはどんな場面で使うのか。上記でも説明した通り、企業のプロモーション等ですね。

 

 

短い動画の中でどれだけ説得力のある声でプロモーションをさせられるかが肝になってきます。

笑顔のカップル

最後に

まとめると、声優とナレーターの違いは「専門性」になります

声優はアニメのキャラクターなどを演じる仕事、ナレーターは言葉を声にして伝える表現をする仕事。それぞれ似ているようで似ていないですが、原点は声優もナレーターも同じです。