ホームページ制作入門バナー

【SEO分析入門!】Googleアナリティクスの使い方!

 

Googleアナリティクスってなんなの?

Googleアナリティクスとは、自分の管理しているWebサイトを分析する、無料のアクセス解析ツールです!

Googleアナリティクスから集計された結果から、さまざまな改善策の立案が可能となるためWebサイトの運用において必須のツールと言えます。サイトへの訪問者がどのような行動をしたかが把握でき、どんなページが人気を集めているのか、逆にどんなページが見られていないのかなどひと目で知ることができます。アクセス解析はサイト運営をしていく上で非常に大事な役割を果たすため、数多くの企業でも使用されているツールとなっています。GoogleアナリティクスはGoogle社から無料で提供されているツールで信頼性も高いのですがマニュアルやサポートがないため基本的には集めた情報の活用方法は自分で調べるといった形になっていて、少々わかりずらいです。なので、今回は初心者の方に向けての入門ということで本記事でわかりやすく解説していきます!

 

見習い
Googleアナリティクスってなんとなく聞いたことあるけど
サイト分析なんてしたことないし、なんだかむずかしそうだね・・・

 

管理人
そんな不安を解消してもらうために、Googleアナリティクスの使用方法から
集めた情報をどうやって活かしていくのかまでをわかりやすく解説していくから、安心して理解していこう!

過去の関連記事

 

Googleアナリティクスってどんなことがわかるの?

 

Google analytics

 

管理人
まずは、Googleアナリティクスを使うことで、何がわかるのかを知ろう!

 

Googleアナリティクスにはレポートという項目があり、その中で大きく5つの項目に分けられています。

1.リアルタイム
2.ユーザー
3.集客
4.行動
5.コンバージョン

 

リアルタイム

 

何人がWebサイトに訪問し、どのページを見ているのかをリアルタイムで確認できるページです。
流入元の情報やユーザーの大まかな所在地も知ることができます。
SNS等の投稿をした後などに、どれくらいの反応があるかなど確認することができます。

ユーザー

 

Webサイト全体の状況がひと目でわかるレポートです。以下の項目に分かれています。

⚪︎セッション(サイトに何回のアクセスがあったか)
⚪︎ユーザー(サイトにアクセスしたユーザーの数)
⚪︎ページビュー数(サイトの中で閲覧されたページの数)
⚪︎ページ/セッション(1回のセッションにつき、何ページ閲覧されたか)
⚪︎平均セッション時間(1回のアクセスにつき、サイトに滞在した時間)
⚪︎直帰率(1ページのみ閲覧してサイトから離れたユーザーの割合)
⚪︎新規セッション率(新規でアクセスしたユーザーの数)

集客

 

ユーザーがどのようにWebサイトにアクセスしたのかがわかります。以下の項目に分かれています。
⚪︎チャネル
⚪︎セッション
⚪︎コンバージョン
チャネルは経路という意味で、「Organic Search(ブラウザ検索)」「Social(SNS)」「Direct(直接入力、ブックマークからのアクセス)」のそれぞれの割合が表示されます。セッションとは訪問数、コンバージョンは成果のことで、推移もすることが比較できます。

行動

 

Webサイト内でユーザーがどのような行動をしたのかがわかります。
平均ページ滞在時間や直帰率、離脱率を元に、Webサイトの改善に役立てましょう。
平均滞在時間が長ければユーザーによく読まれていることがわかり、離脱率が高いページほどユーザーのニーズと合致していない可能性があります。

コンバージョン

コンバージョンとは、商品の購入やお問い合わせの完了などの目標となる行動を予め登録しておき、Webサイトに訪問したユーザーデータからその行動を取ったユーザーだけを抽出して分析することができます。

Googleアナリティクスのデータを使ったサイト改善例

サイト改善

ここでは例として「直帰率」についてのお話をします。

まずは、Googleアナリティクスの「行動→サイトコンテンツ→ランディングページ」を開きましょう。
それぞれのページの「直帰率」が表示されますが、これはそのページからサイト内の他ページに行くことなく離脱してしまったユーザーの割合がわかります。
他にも記事を見てもらいたい、本当に見てもらいたい記事は別にある場合に、この「直帰率の高いページ」を改善する必要があります。

1.仮説を立てる
課題である「直帰率の高いページ」に対して、なぜ直帰率が高いのかの仮説を立てましょう。

仮説①「対象となるユーザーに対して、十分な情報があるか?」

仮説②「客観的に見てわかりにくい内容になっていないか?」

仮説③「次に見てもらいたいページへの導線は十分か?」2.仮設に対してどんな改善を施すべきか、改善案を出します。


①そのページの流入元となる検索キーワードを確認し、キーワードと記事の内容が合致しているかを確認し修正してみる
②記事の内容が、ユーザーの問題に対してわかりやすく説明できているかを見直し修正してみる
③内部リンクの場所や数を修正してみる

 

 data-src=最安値水準のコンテンツ制作会社" width="1024" height="427" >

最安値水準のコンテンツ制作会社

弊社ではwordpressサイト制作及び動画コンテンツ制作を行っており、
個人事業主~法人のお客様迄幅広い層のお客様に御支持を頂いております。

オンラインによる集客にお悩みの方、スタートアップの方は是非弊社にご連絡下さいませ。